戻る

竹細工とそうめん流し夏限定

 当日、だしを入れる「カップ」とおはしを子どもたち自身が、慣れない手つきで、大人に「のこ」や「ナイフ」の使い方を教わりながら、一生懸命作りました。
 前日、大人の方々が、山で切ってきた長〜い竹を使って、そうめん流しをしました。そうめんの支度は、大人の方々がしてくださり、いよいよ流して食べるのみとなりました。子どもたちが、竹の左右にならんで、つかむ準備をしたところへ、ジュニアリーダーのお兄さん、お姉さんたちが、そうめんを流してくれました。そうめんを上手につかんで食べる子、つかみ損ねる子それぞれ、楽しそうにしていました。